気になるビジネスニュース

ビジネスの話題なら

毎日のビジネスニュースの中から管理人がピックアップした話題をお届けしています。

海外暮らしに憧れている方も多いはず。アメリカに移住する場合、人気の都市はどこ?と疑問に思う方もいるでしょう。 東急グループの現地法人が1970年代に宅地開発を始めたミルクリーク。ここは、高級住宅街としても人気が高く、日本人の方が移住しても満足いく生活ができると思います。ミルクリークの魅力は寒暖差も少なく、自然も多い地域という点にあります。また、ワインやコーヒーなどが特産で、飲食も楽しめるのです。

 

ミルクリークの概要
ミルクリークはワシントン州のスノホミッシュ郡にあります。経緯を見ると北緯47度51分42秒、西経122度12分16秒に位置しています。中心街のダウンタウンからは約20マイル。シアトルから車で30分ほど北上したエリアに形成されました。すべてが陸地となっており、総面積は9.2平方kmとなっています。
2010年の国勢調査によると人口は18,244人。そのうち、白人は81%程度を占めています。次いでアジア人も多く、およそ12%が暮らしています。ここでは、穏やかな気候と人柄、住みやすさが魅力と言われるミルクリークについてご紹介します。

 

マウント・レーニア国立公園
ミルクリーク近郊の自然を楽しむなら、マウント・レーニア国立公園は外せないポイント。シアトル近郊全体に言えることですが、地域のシンボルにもなっています。標高4,392mのレーニア山を中心に、自然環境保護地域として指定されている園内は緑に溢れています。活火山ですが、1800年代中盤以降は活発な動きを見せていません。
登山にあたっては、難易度が高いことで知られるレーニア山。標高1,800m以上は氷河で覆われているため、登るのはプロの登山者でもない限り難しいのが実際のところです。一方、ハイキングコースとしては気軽に楽しめるコースであり、人気も高いです。なお、移住した日系人たちの間では富士山に似ているため、「タコマ富士」と呼ばれ、親しまれていました。

 

地中海性気候が特徴
ミルクリークの気候区分は地中海性気候に属しており、温暖でありながら夏季は乾燥しています。年間平均気温は10.7℃ですが、一番気温が上がる8月は17.7℃、もっとも寒い時期である12月でも4.2℃という過ごしやすい気候。日本国内ではこのような地域はありません。一年を通じて寒暖差が穏やかという点が魅力です。
ミルクリークの晴天は160日前後、降水日数は184日です。アメリカ国内の晴れの日が平均205日、降水日数が100日と考えると、やや雨が多い地域だと言えます。ただし、降雪量は8.4インチと、アメリカの平均である25インチを大きく下回っています。あまり雪が降らないです。

 

新しく登場した高級住宅街
ミルクリークは過ごしやすさが魅力的な気候から、シアトル郊外にある高級住宅街として毎年人口が増えています。ただし、都市が誕生してからの歴史は浅く、1973年頃から東急グループの現地法人であるU.D.Cが宅地開発を実施。公園や池、学校など、住宅街に必要な機能を設置しました。なお、この功績が認められたことから、ミルクリークの権利が東急ホームに移ったのです。
1983年、ワシントン州から正式に都市として認められました。同年、ミルクリークタウンセンターも設立。レストランや書店、薬局にスパ、フィットネスなど、さまざまなテナントが出店しており、地域の中核を担う施設として機能するショッピングモールです。なお、ボセルエヴェレットハイウェイ(SR527)沿いにあり、利便性の面でも優れています。

 

全米2位のワシントン・ワイン
ミルクリークのあるワシントン州は、アメリカでも有数のワインの産地。平均日照時間が長く、夜間の気温も低いことからブドウが成長しやすい土壌なのです。生産量は白ワイン54%、赤ワイン46%という割合です。
1960年頃から始まったワインの生産。名産品と呼ばれるようなものも登場し、1970年頃から産業が急成長。たとえば、シャトー・サン・ミッシェルというワイナリーなどはワシントン州の代表的なワインです。

 

シアトル系コーヒー
西海岸発のシアトル系コーヒーは、住民1,000人に対して2.5軒のコーヒーショップがあります。豆を強めにロースト。エスプレッソをベースにしたシロップで味付けをアレンジするというのが特徴です。カプチーノ、カフェラテ、カフェ・マキアートなど、特徴的な味付けをしたコーヒーを扱うチェーン系のコーヒー専門店は、日本国内にもいくつも登場しています。
この地域ではコーヒー豆の栽培が行われていません。しかし、雨天が多い気候からカフェインを飲むという習慣が好まれるようになりました。ミルクリークでも、シアトル系コーヒーが習慣的に好まれているのです。コーヒー愛好者にとっては魅力的でしょう。

 

「冬は暖かく夏は涼しい」という過ごしやすい地中海性気候が特徴。さらに雄大なマウントレーニアが臨める素晴らしい自然に囲まれた高級住宅街ですから、豊かなライフスタイルが満喫できるでしょう。

外食産業など接客に当たりマニュアルを作るようですが、その言葉(使い)はビジネスマナーとは程遠いものがあります。例えば、「お召し上がりですか?」ですが、正しくは「お召し上がりになりますか?」です。これを砕けて言うと「食べますか?」ということで、この中には「こちらで」つまり、店内で「食べますか?」という意味なのです。ここポイントなので玉置勝がさらに詳しくお伝えします。一文字違うだけで全く違うニュアンスになります。

 

また「〜の形になります」などという言葉。例えば「1時間ほどお待ちいただく形になります」とか…。正しくは「1時間お待ちいただきますが、よろしいでしょうか?」ではないでしょうか?このような場合は最初に「大変申し訳ありませんが」と謝罪の言葉を入れると客側も寛容になります。次にオフィスで昨今、使われれいる「大名言葉」というものがあります。どんなものかというと、目上が目下にだけ使うことが許されている言葉です。

 

しかし、上下関係を無視して使われているようです。例えば「ご苦労様」は目下に苦労をねぎらってかける言葉です。また、「お世話様です」というのも同様で、目上の人や外部の人に対して感謝やお詫びの気持ちをこめてかける言葉です。玉置勝も良く使いますがメールは便利なコミュニケーションツールですが、メールの場合でも正しい言葉使いをすることが必要です。それは対面でなければなおさらです。メール・電話・手紙でも言えます。

 

しかし、急に治そうとしても治るものではないので、常日頃から注意する習慣をつけることも必要でしょう。社会人としてのビジネスマナーは多岐にわたりますがきちんと知っておきましょう。

著者がミシェル・エケム・ド・モンテーニュといえば、エッセイの語源ともなったエセーが有名である。モンテーニュのエセーは宗教戦争時代を生きる人々の内面について思索した作品であり、人間とは何かという本源的な課題に触れる作品になっている。玉置勝も最初この本に出会ったときは衝撃であった。後の世でエセーは文学のカテゴリーともなるが、その当時でも哲学的な深い内容は次の時代のパスカルやデカルトと言った有名な哲学者にも影響を与えた。

 

著者の体験や知識を基にして書かれるエッセイは架空の設定の小説とは違って、時代や暮らしの環境などの影響を受ける文学と言えるのではないだろうか。少しリラックスした感じがある日本のエッセイは作者の経験や持っている知識をもとにして描かれる作品であっても読みやすいものが多い。私、玉置勝もそうした作風が好きになりエッセイを深く知るようになった。欧米のエッセイはテーマに関して思考を重ねぬいた書き方が主流であり、内容も日本とはイメージが違って論文的なものが多い。

 

エッセイというカテゴリーは一緒だが、作成されている内容は作品によって国によって違う面があるのである。国内で作られた随筆やエッセイと呼ばれるカテゴリーの最初の作品は清少納言の枕草子とされています。枕草子は平安時代中期に書かれ、京都を舞台の長編小説源氏物語とともに古典文学の双璧と呼ばれており、後の世の日本文学に大きな影響を与えた。

 

現代でも評価が高い枕草子はのちの鎌倉時代に書かれる鴨長明の方丈記と吉田兼好の徒然草とともに日本三大随筆と称されています。同じ鎌倉時代に作られた鴨長明の方丈記と吉田兼好の徒然草だが、作者も執筆時期も違うので時代背景の違いから内容は異なる。

 

古典的随筆と現代私たちが本屋で手にするようなエッセイでは内容に違いを感じる人も多いのではないだろうか、現代エッセイは江戸時代中後期の日記的随筆の流れを汲んでいると言われています。カテゴリーとして、日本の本屋に置かれているエッセイは深く思索がされたものよりは読みやすい作品が多いようである。おそらく一般人からすれば知ることのできないスポーツ選手などの著名人の内面を知ることができるエッセイだからこそ大きなカテゴリーになったののではないだろうか。

美しい言葉が並ぶ枕草子は超有名な文学作品で、作家も誰もが知る清少納言だ。玉置勝も大好きな作家のひとりである。平安時代当時の社会を書いた枕草子は主に3つの段で作られていて、作家清少納言の自然や宮廷社会などに対する想いが美しい言葉で表現されます。有名な随筆は他にも鴨長明の方丈記、吉田兼好の徒然草など授業で取り扱われるような代表的古典があり、この二つは枕草子と合わせて日本三大随筆で知られます。

 

同じ鎌倉時代に作られた鴨長明の方丈記と吉田兼好の徒然草だが、筆者と執筆時期も違うので世相の差異から内容は異なる。江戸時代に残された随筆も多く、特に後期に作られた日記風随筆が現代のエッセイの流れを作ったと言われます。

 

玉置勝も作品が好きで調べてみると現代エッセイは作家では芸能人や著名人が多く、人生で経験したことをもとに作家の考えを綴っているものが多い。普段ではわからない芸能人や著名人の気持ちが垣間見えるので、現代のエッセイ作品は多くの人に愛されます。

 

エッセイをジャンルの一つにした作品がフランスの思想家でありモラリストミシェル・ド・モンテーニュの書いたessai(エセー)と言われます。エセーは国内の有名な随筆が四季などに関する思索や人々の日頃の暮らしなどを表現しているものが多いのに対して、フランスの宗教戦争時代に生きる人間を観察し、人とは何かという本源的な思索を深く探求している。

 

ミシェル・ド・モンテーニュの作品は非常に独特で、読み物としても評価が高く後の世にエッセイという文学ジャンルを作る作品となった。作家の実際の体験や知識を基にして書かれるエッセイは空想の小説とは違って、時代や暮らしの環境などの影響を受ける文学と言えるのではないだろうか。現代日本では、エッセイというジャンルは気楽なスタイルで作られた作品を指していることが多いようだ。

 

国外のエッセイはテーマに関して思考を重ねぬいた書き方が主流であり、内容も日本とは印象が違って論文的なものが多い。文学のジャンルとしてはエッセイは同じだが、実際に使われる国によっては作品の内容が違ってくるのは非常に興味深い。

12月の選挙で、民主党から自民党へ政権が移りました。この変化で国防をはじめとする多くの政策が注目を浴びていますが、ここでは、我が国が初めて挑むインフレ政策について考えてみようと思います。

 

失われた20年と言われる長い低成長経済にある日本は、先進国では異例のデフレ状態にあります。デフレというのは、簡単にいうと物の値段が下がって行くことです。
物の値段が上がらない状況が続けば、人々は、物を買うことを控えるようになっていきます。そうして、実質的にお金の価値が上がっています。ですから、新しく家を買って、住宅ローンを組んでいる人や、借金がある人にとっては、辛い状況になっていきます。そして、物の値段が下がって行きかつ人々が物を買わなくなっていくと、
製造業を始めとする企業の利益があがらなくなり、そこに務めている人達の給与も上がらないどころか下がり、採用も減って行きます。この全てが関連して下がって行く状況が、デフレスパイラルです。

 

このデフレスパイラルにある日本をどうにかしようと、新政権はインフレ政策に舵をとることを公約にうたいました。近代国家になっていこう、インフレに悩まされた経験をもつ日本にとって、初めての試みとなります。

 

お金の流れは、日本という国を健全に生かすために必要な血液のようなものです。お金は、流れることが大切でありそのお金を流れをコントロールすることによって、政府や日銀は、景気の流れを上昇気流に乗せようとしています。

 

私たちの記憶に新しいインフレは、バブル経済のインフレです。バブル経済上昇と共に進んだインフレが、バブル崩壊と同時にデフレに転じ始め、結果として20年間経済が停滞したと理解されています。

 

しかし、日本政府にとって、本当に大変だったインフレは、第二次世界大戦敗戦直後の状態だと思います。当時の日本政府がもつ借入金は、国家財政の9倍ともいわれています。焼け野原になった国土では、生産の回復もままならなかったでしょう。戦後の過酷な状況を乗り切った日本政府が、インフレを警戒し、簡単にインフレに舵を取れなかったのは致し方なかったのかもしれません。現に、引退した国会議員や官僚、評論家の中には、第二次世界大戦を経験した人がのこっていますし、彼らが育てた優秀な人材にはその経験が伝わっているはずです。

 

日本の物作りへの回帰が今一度叫ばれ、輸出国たる地位を守ろうとしても、やはり内需は大切です。今の貿易収支にしめる輸出額が2?3割であるのは、日本が外的要因によってダメージを受けない適切な割合だと考えられます。

 

第二次世界大戦を経験していない総理大臣によって、初めての試みとして行われるインフレ政策が、内需を刺激し、少なくともデフレのスパイラルを止めるきっかけになることを期待せずにはいられないと同時に、この政策の結果がどうであれ、日本の今後が世界経済にとって歴史に残る教訓となることでしょう。

 

私たちは、失われた20年間と言われながらも、破綻したわけでもなく、飢えているわけではありません。今なお、清潔で治安の良い国土を維持しています。このことにもっと自信を持っていいのではないでしょうか。

 

超がつく円高でも乗り切る企業がいるように、自然災害にも負けない地方があるように、日本の国土と日本人は、今も昔も、粘り強く、前向きです。

野田元首相が不退転の覚悟で成立させた、消費税増税法案。そして、 今月から、東日本大震災の復興財源を補う臨時増税が始まります。これから25年間、2.1%の上乗せとなります。健康保険料や15歳以下の扶養控除も廃止され、子ども手当も少なくなりました。

 

遡ると、国民年金を一律20歳から徴収し始め、結局、未納が減らない問題も現存しています。さらに、平成25年度税制改正で所得税増税、所得5千万円以上に45%の最高税率を新設すると発表されました。日本政府の財政が厳しいことは、以前から言われていました。それに加えて、社会保障費も毎年一兆円規模で増えています。現在では、約110兆円です。

 

急激に増え続ける社会保障給付費に比べて、社会保険料収入は、横ばいです。現在、国の歳入の半分は公債で賄われているため、未来に負担が先送り状態と誰もが認識するところです。これで、少子化が一時期のことならいいのですが、今の逆ピラミッドを正三角形に戻すには、出産可能な日本人女性の数がそもそも足りません。企業から税収をまかなおうとしても、あまりに高い法人税は、日本市場の魅力を削ぐ結果につながります。また、高齢者、年金受給者が増え続ける状況では、社会保障給付費が増え続ける状況は恒常化します。

 

そこで、やはり、国民一人一人から正確に税を徴収する方法が選択されるわけです。しかし、ここで気になるのが、富裕層といわれる人々の動きです。フランスでは、政府の富裕層増税(1億1500万円以上に75%の所得税)に抗議するために国籍を返上、ロシア国民となった俳優もいるくらいです。
ここで、私たちは、大きい政府を望むのか、小さな政府を望むのか、再考する岐路に立たされているのかもしれません。アメリカのように、社会的弱者への保障は、富裕層がすれば良いという考え方でいくのか、皆の富を再分配する方法を取り続けるのか、はたまた、全く別の方法を編み出すのかです。日本の人口構造もしかり、今のままでは、どんどん若い世代の負担が増え続けます。将来の納税者について考えることを先送りできない所までもう、きてしまいました。

 

幸いなことに、人口構造については、欧米各国が先んじてくれていますから、試行錯誤の結果を見ることは可能です。大まかにみると、移民政策に舵取りした国々は、新たな問題を抱え込み、移民政策を取らなかった国々は税負担が増えています。今後消費税増税法案がどう動くのか、注意深く見守り、所得税増税については、自ら備えるしかありません。増税分、収入を増やすか、増税分支出をへらすか、さらに、子育て世代では教育費の問題も重くのしかかります。自らの将来、家族の将来、プラスとマイナスを天秤にかけながら、一人一人が舵を取る時代の始まりが、2013年なのでしょう。

2月まであとすこし、就職活動をしている学生にとっては、これからが戦いの本番です。
2月になると、各企業の説明会や選考がスタートします。
就職活動は、エントリーすることから始まります。
説明会のエントリーはもちろん、最初の関門はエントリーシートです。このエントリーシートに通らないことには、筆記試験も面接にも進めません。内定を勝ち取るためには、何工程もの試験や面接をくぐり抜けることが必要です。結婚や、パートナー選びに例えられることもある就職活動、学生たちは、どのくらいパートナーとなるべき企業について理解しているのでしょうか。

 

毎年、各種就職活動支援サイトでは学生へのアンケートを元に「人気企業ランキング」を発表しています。このランキングをみると、文系の学生、理系の学生の多少の違いはあっても、ほぼ良く目にする、イメージの良い大企業が例年ランクインします。ここ数年で、よく目にする企業でランク外になったのは、JALくらいです。実際に組織内で働いてみると気がつくことですが、自分がしたいと思っていた業務内容と仕事としてやりがいをもって続けられる業務内容とでは、異なっていることがあります。
例えば、常にランキング上位にくる広告代理店。

 

ここに入社したあとの業務内容が自分にあっているかどうか、その適性があるかどうか、正確に把握している学生がどのくらいいるかを考えてみると、現実と理想の乖離をみることができます。広告代理店で仕事ができるくらいの気働きと体力を備えた学生は、多くはいません。

 

とくに、コミュニケーション能力に自信が持てるだけの経験を備えた学生も多くはないはずです。もちろん、これらの不足部分は新人研修という名のすばらしい教育システムで習得可能です。しかし、就職試験を受ける=確実に職務に対して適性があると考えてチャレンジすると捉えると、経験してみなければわかりようもない広告代理店が学生のアンケートで毎年上位にくるはずはないと思うのです。

 

第二新卒という言葉が表しているように、入社後、こんなはずではなかったと思う20代前半の若者が多いのは、分からないまま、宝くじのように進めてしまう就職活動にあると思います。中学、高校、大学と、偏差値を頼りに受験校を決めてきた人達が新卒の就職活動だけ自己流の企業研究のみで挑戦する企業を決めて行きます。もっと第三者による客観的な評価をもって、新卒の学生に自分の適性を悟らせる機会があれば、この理想と現実の乖離による悲しい勘違いが減ると思うのです。

 

進学塾のように手取り足取り面倒をみる必要はありませんが、社会経験の少ない学生がより正確に自分の適性を判断できるよう支援するサービスがもっと増え、企業と学生のマッチングがうまく行くようになると良いと思います。